覚めないように

THE SUMMER ENDS

—————————————————————————————————–

■HANDREDライターによる楽曲レビュー
【HANDREDライナーノーツ】

まさにガールズ”ロック”バンド、掻き鳴らすギターと突き抜ける歌声に胸が締め付けられる。

ライブハウスとロックンロールに捧げた愛情が伝わってくる1曲。

真っ直ぐなメッセージ性と、青春ど真ん中で歌い続ける姿が目に浮かぶ。

溢れ出た感情と彼女たちが歩んできたバンドとしての道のりが情景として伝わる。

神奈川県厚木発の注目の歌モノバンド、必聴です。

  •  (2)

歌詞

恋の話はやめよう 僕らの話をしよう
どんだけ酔っ払ったって ここで歌っていたいのさ
下手くそなギター抱えて 声が枯れるその時まで
音は鳴り止まない

重いだけの扉を開けばすぐそこに
君だけの今日が鳴り響いてる
汗が染み込んだTシャツ 履き潰したスニーカー
ここで歌えば どれもこれも輝いてた

恋の話はやめよう 僕らの話をしよう
どんだけ酔っ払ったって ここで歌っていたいのさ
下手くそなギター抱えて 声が枯れるその時まで
音は鳴り止まない

泣きそうだって ひとりぼっちだって
この耳は裏切らないぜ
君が抱えた全てここで鳴らして

忘れてしまいたい夜のこと うまくいかない泣き顔
ここで歌えば いつのまにか忘れていた

醒めない夢を見よう、僕らの話をしよう
明日が怖くなったって ここで歌っていたいのさ
下手くそな生き方だって 声が枯れるその時まで
音は鳴り止まない

恋の話はやめよう 僕らの話をしよう
下手くそなギター抱えて

恋の話はやめよう 僕らの話をしよう
どんだけ酔っ払ったって ここで歌っていたいのさ
下手くそなギター抱えて 声が枯れるその時まで
音は鳴り止まない

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

エール

アーティストにエールを送ることが出来ます。

エールの購入金額は、100円以上であなた自身が決められます。
※エールを購入した対価として、あなたはページ上にコメントをすることができます。

あなたが支払った購入金額は、アーティストが継続的に活動していく力になります。

販売期間終了しました。